うつ病克服日記
うつ病克服日記
PUTI.gif

★なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ! 「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方! プチ認知療法  制作者:心理カウンセラー 下園壮太

2013年02月27日

2/27産業医面談

今日は4月に職場復帰するにあたり、第1回目の産業医の面談がありました。

産業医からは、最近の症状と職場適応度の割合、できる仕事などを聞かれました。

<最近の症状>
・デパスの離脱症状がなくなった。
・昼間、まだ若干の眠気がある。
・趣味も少しずつ興味が湧いてきた。
・気分は落ち着いている。

<職場適応度の割合>
・これは、職場に復職できる割合を客観的に聞かれ、7割と答えました。
・主治医曰く、8〜9割にならないと職場復帰は認められないと言われてしまいました。

<できる仕事>
・現在の職場へ復職することが前提なので、具体的にできる仕事内容について問われました。
・現職の接客業はストレスが溜まり苦手であることを伝えましたが、できる項目をいくつか応え、何とかクリアした感じ。
・実際問題、仕事に復帰したら、上司に対して充分な業務配慮をお願いするつもりです。


次回は3月27日に第2回目の産業医面談。

この時までに生活サイクルを整え、職場適応度の割合を8割以上と応えなくてはいけません。

決して無理するつもりはありませんが、4月に復職てきるように最善をつくしたいと思います。


※ランキングに参加しています。
   応援クリックお願いいたします。m(__)m
   ↓↓            ↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

posted by 心のケア at 20:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

2/22通院状況

今回は、デパスの離脱症状の状況と睡眠状態を主治医へ伝えました。

まず、デパスの離脱症状(頚部と腹部の筋肉の強張り)ですが、この一週間、症状はまったく現れませんでした。

やっと、症状が落ち着いてホッとしているところです。

また、夜の睡眠に関しては4時間程度、眠れるけど、朝食後になると眠気が出て、1時間程度寝ていることが多くなりました。その代わり、午後の眠気はなくなりました。

主治医からは、運動したり脳を使うようにアドバイスがありました。

とりあえず、日常生活での買物や家事(風呂掃除、茶碗洗いなど)をして、徐々に身体を動かそうと思います。

脳のトレーニングは、できれば読書に挑戦してみたいなぁと考えております。


ちなみに、2月27日は上司(課長)を交えて産業医面談があります。

まずは無事に4月から職場復帰できることを祈りたいと思います。


※ランキングに参加しています。
   応援クリックお願いいたします。m(__)m
   ↓↓            ↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

posted by 心のケア at 13:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

2/15通院状況

今回の通院で、至近月に復職できるかどうか主治医に相談して来ました。

私的には、2週間前から処方さた睡眠薬のクワゼパム錠を服用してから、夜の睡眠が正常に戻りつつあること。

また、デパスの離脱症状と思われる頚部や腹部の強張りがここ一週間、なくなってきたことなどから、新年度である4月1日より職場復帰したいことを端的に主治医へ伝えました。

すると、主治医からは時期尚早であり、7月の定期異動時期まで様子を見た方が賢明だと諭されました。

しかし、私の勤務先では、休職時と同じ職場に一度戻らないと、異動は有り得ないこと、また、接客業務はストレス過多になり体調不良の原因にも繋がることから、もう懲り懲りであることを伝え、その内容を加味した診断書を書いてもらいました。

(具体的には、"接客は不可"と言う文字を診断書に書き入れてもらいました。)

後は復職まで2度の産業医面談があります。

これをクリアすれば、とりあえず復職可能になる訳ですが、できれば7月に転勤する方向性で産業医から人事へ伝えてもらえるように取り計らって貰いたいと考えています。
(産業医にはそれなりの権限があるみたい・・・!?)

上司(課長)に対しては、病気が悪化しないように業務配慮と早期異動を実現するために産業医に対して口添えをしてもらうように頼むつもりです。


私には養う妻がいますし、また妻との間に新たな生命が宿りました。

そして、住宅ローンの返済があります。

これからの暮らしもあります。

いつまでも、休職している場合ではありません。

家庭のため、家族のため、生活のため、自分のため、将来のため。

今、このタイミングを逃すと後悔するような気がしてなりません。

病状は間違いなく快方に向かっています。

後は、職場の受け入れ体制がどうなるのかが心配なだけ!

肝を据えて残りの休職期間を静養とリハビリに使いたいと思います。

人生一度きり!

ちょっと、踏ん張ってみます。


※ランキングに参加しています。
   応援クリックお願いいたします。m(__)m
   ↓↓            ↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

posted by 心のケア at 14:52| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。