うつ病克服日記
うつ病克服日記
PUTI.gif

★なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ! 「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方! プチ認知療法  制作者:心理カウンセラー 下園壮太

2012年01月25日

自立支援医療制度のデメリット!?

私は自立支援医療制度を利用して、指定の心療内科の診察代と薬代の医療費が3割から1割に減額されております。

昨年より月の上限は1万円。

もし、自立支援医療制度のデメリットがあるとしたら・・・。


私が加入している健康保健組合に電話で問い合わせをしてみました。

すると担当者の回答は、特に思い当たることはありませんよとの返答でした。


そこで、OK Waveサイトに質問をしたところ、以下の2つの回答がありましたので紹介します。

@
>私も自立支援医療(精神通院)を活用していますが、デメリットは想像できません。

自社で健保を持っているような大きな会社であれば精神通院を会社に内緒にしている場合にばれる可能性があるとは思いますが、それ以外にデメリットはないと思います。

生命保険等に加入出来なくなるとのことであれば自立支援医療云々以前に通院・服薬している段階でアウトだと思います。

私の場合は個人的に自立支援医療を担当している役所のエライ人と知り合いでしたのでそういう意味で抵抗はありましたが、それ以外には…受給者証が半端な大きさで携帯しづらいことくらいですかね(^^;

A
>社会保障側の職員からすれば当然あまり勧めたくはないでしょう。

収入区分のために仕事をセーブしはじめて、そのうち生活保護受給者になるっていうパターンが大多数なんで。

居住地の制度によって違うかとも思いますが、精神科や心療内科で書類全部用意してもらってハンコ押すだけって出来るハズですよ。

デメリットがあるとすれば、病気を治そうという意識が薄れていく事でしょうね。


こんな感じで、やはり特に目立ったデメリットはないように思われます。


※ランキングに参加しています。
   応援クリックお願いいたします。m(__)m
   ↓↓            ↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

posted by 心のケア at 20:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 医療費軽減 | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

ジェネリック医薬品

今日、帰宅すると郵便受に健康保険組合から封書で資料が届いておりました。

開封して通知文章を見ると、

「我が国の国民医療費は現在、約35兆円とも言われており、年々増加の一途をたどっていることから、政府は医療費の削減に向け、新薬(先行薬)の特許が切れた後に同じ有効成分で開発経費を要しない分、値段を2〜8割も安くできるジェネリック医薬品(後発医薬品)の普及促進を図り、医療費の削減に努めていくこととしている」

と言う内容でした。

そして、具体的に私が服用している調剤薬品の実例をあげて、ジェネリック医薬品に切り替えた場合に、本人の窓口負担が軽減される金額が示されておりました。

例えば、
・トレドミン錠50mg 薬価66.60 → ジェネリックの薬価42.10〜46.10

・ドグマチール錠50mg薬価17.00 → ジェネリックの薬価6.30

・デパス錠1mg 薬価14.20 → ジェネリックの薬価6.00

・ロヒプノール錠2mg 薬価23.10 → ジェネリックの薬価6.20〜7.00

・レスリン錠25mg 薬価20.20 → ジェネリックの薬価9.20


そして、私の場合は、すべてをジェネリック医薬品へ切り替えた場合、月に最大削減見込金額が2,226円可能と記載されてました。

健康保険組合も赤字続きで経営が厳しいから、少しでも医療費削減するためのアイディアで今回の通知を寄こしたみたいです。

一度、主治医へ相談してみたいと思います。


※ランキングに参加しています。
   応援クリックお願いいたします。m(__)m
   ↓↓            ↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

posted by 心のケア at 20:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 医療費軽減 | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

自立支援医療受給者証(3回目)受領

今日、「自立支援医療(精神通院)受給者証」が郵便で送られて来ました。

先月、市役所で手続きしてから約1ヶ月の期間を要しました。

今回で3回目の更新になりました。

そして、今回大きく変わったのが、自己負担上限額が2万円から1万円に引き下がったこと。

これは、課税状況で判断されるみたいですが、昨年の年収はあまり変わっていないはずなのに・・・。

もしかして、自己負担上限額の基準が変わったのかも!?

詳しくは市役所に問い合わせしてみないと判りませんが、まぁ引き下がったので良しとしましょう。

また、もう一つ変わったのが、次回の更新時期です。

継続申請できる期間が、有効期限の3ヶ月前から4ヶ月前に変わってました。

来年も通院するようであれば、忘れずに早めに手続きをしたいと思います。


※ランキングに参加しています。
   応援クリックお願いいたします。m(__)m
   ↓↓            ↓↓
人気ブログランキングへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

posted by 心のケア at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療費軽減 | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。