うつ病克服日記
うつ病克服日記
PUTI.gif

★なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ! 「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方! プチ認知療法  制作者:心理カウンセラー 下園壮太

2009年09月14日

うつ病に運動は良いのか、悪いのか!?

うつ病に悩んでいるとき、スポーツや運動は…実は、「よい」とも「悪い」ともいえます。

うつ病には、さまざまな身体的な症状も現れます。
ですから、うつ病の治療で重要なのは休養をとり、身体を十分に休めることです。そうです、やはり病気と闘うには、やはり、体力が必要なのです。

特に、うつ症状が強いときは、言われなくても、「会社を休む」など
身体的にも休養をとっているはずです。

そんなときに、運動するのはお奨めできません。外出なども積極的にしないほうがよい時期です。

ひょっとしたら友人や家族は、「気分転換にイイんじゃないか」と思って提案するのでしょうが、本人にとっては、とにかく疲れをとるのが先決です。

そういう時期には、身体に残っている疲れを取る意味でも運動は避けましょう。

一方、症状が軽快したときの運動は有効です。特に有効なのは軽い有酸素運動です。

有酸素運動とは、体内に酸素を十分に取り込む運動のことで、ウォーキング、ジョギング、水泳、サイクリング、エアロビクスなどがあります。時間にしておよそ20分行ないます。

一般的に有酸素運動はダイエットやシェイプアップに有効とされていますが、実は、心の健康を高める効果もあることが、多くの論文などで報告されています。

たとえば、米国ヂューク大学、ブルンサル教授の研究によるとを服用しながら、有酸素運動をしたグループでは、68.8%でうつ病が治ったという報告があります。


※応援クリックをお願いいたします。m(__)m
  ↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


posted by 心のケア at 09:30| Comment(1) | TrackBack(0) | うつ病と運動 | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

うつ病には身体を動かすと効果的2

 うつ病患者に対して最も重要な治療の一つが運動です。ではなぜ、有酸素運動などがうつ病の改善に役立つでしょうか。まずは、運動をすると、気分を良くするとされるエンドルフィン又はセロトニンのレベルが運動で上昇されるため、うつ状態に陥った心も徐々に回復し、やる気を起こさせるのではないかというのであります。

 また、運動は、脳だけではなく、気持ちや感情にも変化をもたらします。何かの運動に取り組み、その運動に集中することによって、いやな考えや気持ちを忘れることが出来ます。さらに、運動を行うことによって、達成感や満足感などの快感を得ることも可能です。その結果、自分にも自信がもてるようになり、自然と明るい気持ちになってきます。

 有酸素運動のほかにも日常生活の中で簡単にできることはたくさんあります。例えば、呼吸法やストレッチはいつでも簡単に出来るし、体内の疲労を取り払ってくれるので体の疲れがとれる爽快感が脳にいい刺激になります。オフィス街の『ストレッチジム』「ホグレルスペース」では多くのビジネスマンが仕事の間、凝り固まった筋肉をほぐし、心身の疲れを取って職場に戻られます。

 うつ病の患者は引きこもりがちで、運動をしなくなりますが、これがまたうつ病を長引かせているかもしれません。しかし、皮肉なことに、うつ病患者の問題は、運動が心身にいいことは分かっていても「その気にならない」ことであります。

 初めはその気にならなくても、とにかく意識的に体を動かすことが大事です! 毎日少しずつ体を動くことに慣れればいつかは運動を楽しんでいる自分を発見する時が来るでしょう。しかし、いずれにしろ、苦痛に思うような運動では逆効果です。自分の好きな運動を選び続けることがもっとも大切でしょう。


※応援クリックをお願いいたします。m(__)m
  ↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


posted by 心のケア at 07:21| Comment(1) | TrackBack(0) | うつ病と運動 | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

うつ病には身体を動かすと効果的1

中国では、社会の変化や競争が激しくなり、そのためうつ病の発症率も上昇しているそうです。現在、中国のうつ病患者数はすでに2600万人を超えています。うつ病は2020年には、中国にとって2番目に負担の重い病気になるといいます。なお、日本の場合には5人に1人が一生のうちに1度はうつ病を経験するといわれています。

  現代のビジネスマンは転勤、異動やリストラの負担など色んなストレスにさらされることが多いです。特に几帳面でまじめな性格の人や融通がきかない人は、いろいろと気を使いすぎてストレスを溜め込み、うつ病になりやすいと言われています。

  仕事やストレスでへこみそうな時、その解消のためお酒やタバコに手が出やすいのではないでしょうか? しかし、一番いいことは『軽い運動』です。運動は健康のために大切ですが、心理的にも有益であることがわかっています。さらに運動は気分転換に役立つだけではなく、うつ病にも治療的な効果があることがわかってきました。最近の研究によると、定期的な運動は抗うつ剤と同様にうつ病に対して効果があることが様々な研究で実証されています。


※応援クリックをお願いいたします。m(__)m
  ↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


posted by 心のケア at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病と運動 | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。